マイナンバー制度

 平成27年10月5日からマイナンバー制度が始まりました。マイナンバー (個人番号)は、住民票を有するすべての人に 12 桁の番号(個人番号)を付して、 社会保障 災害対策 の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。 期待される効果としては、大きく3つあげられます。

3つのメリット

行政の効率化

手続きが正確で早くなる

行政機関・地方公共団体での作業が効率化され、手続きがスムーズになります。

国民の利便性の向上

面倒な手続きが簡単に

申請時に必要な課税証明書といった資料の添付を省略できます。

公平・公正な社会の実現

給付金などの不正受給の防止

行政機関が国民の所得状況などを把握しやすくなり、不正受給を防止できます。

マイナンバー制度について詳しくは以下をご覧ください。

内閣官房 マイナンバー社会保障・税番号制度

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

政府広報オンライン 特集 マイナンバー

http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/

ページトップ