1月1日現在、河津町に住んでいる方は、住民税の申告または確定申告により前年中の所得を申告していただくことになっています。申告をされないと、所得証明が発行されない、国民健康保険税の軽減制度が適用されない等、様々な不都合が生じる場合があります。忘れずに申告しましょう。

住民税・確定申告について

住民税の申告が必要な方
1月1日現在、河津町に住民登録されている方
※「仕事がなかった」など収入のなかった方も、その旨申告してください

住民税の申告が不要な方
 ① 確定申告(所得税の申告)をしている方・または行う予定の方。
 ② 給与収入のみで、年末調整済みの給与支払報告書が勤務先から河津町へ提出されている方
 ③ 公的年金等収入のみで、公的年金等支払報告書が支払先から河津町へ提出されている方
   (医療費控除・生命保険料控除等の各種控除を受けられる方は申告が必要です。)

確定申告(所得税の申告)が必要な方
 ●下記の項目に該当する方で前年分の所得合計額が扶養控除等の所得控除合計額を超える方
 ・事業をしている方、地代や家賃収入のある方、土地や建物を売った方

●サラリーマンで給与の年収が2千万円を超える方

●給与以外の所得金額が年間20万円を超える方

●2か所以上から給与を受けている方

住民税申告受付

2月15日から3月15日の確定申告受付期間(年による)に住民税の出張申告受付や役場での申告受付を行います。

上記の出張申告受付日には、申告用コンピュータ及び資料を各会場に持ち出すため、役場では申告受付できません。ただし、記入済申告書の提出については受け付けます。

 

住民税申告、確定申告(所得税申告)に必要なもの

●印かん(認印で可)

●農業所得、事業所得、不動産所得などがある方・・・収入・支出(経費等の内訳)がわかる書類

●給与所得、年金所得などがある方・・・・・・・・・給与所得源泉徴収票、公的年金等源泉徴収票

●生命保険料控除を受ける方・・・・・・・・・・保険料控除証明書(一般・介護医療・個人年金)

●地震保険料控除を受ける方・・・・・・・・・・保険料控除証明書(地震・旧長期損害)

●医療費控除を受ける方・・・・・・支払った医療費領収書や保険金等で補てん金額がわかるもの

●障害者控除を受ける方・・・・・・障害者手帳

●寄附金控除を受ける方・・・・・・領収書または寄附金受領証明書

●社会保険料控除を受ける方

 ・国民年金保険料および国民年金基金掛け金・・・・・・・・社会保険料控除証明書

※国民健康保険・介護保険・後期高齢者医療保険の納付確認書は、役場町民生活課②の窓口で受け取ることができます。(無料)

●所得税の還付を受けるために確定申告する方は、振込先(本人名義に限る)の口座番号がわかるもの

その他

国税庁では確定申告に必要な書類や手順、知りたい情報などをまとめた確定申告特集ページを開設しました。

詳しくは国税庁ホームページ をご覧ください。

ページトップ