風しんの追加的対策について(成人男性の風しん抗体検査・予防接種)

風しんは発熱・発疹が主な症状で、咳やくしゃみなどの飛まつ感染により人から人へと感染する感染力の強い疾病です。妊娠中の女性が風しんウイルスに感染すると、生まれてくる子どもの眼や耳に障害を及ぼす先天性風しん症候群が生じる可能性があります。

厚生労働省は、2018年からの、30~50歳代の男性の風しんの流行を受けて、2019年4月1日から2022年3月31日の3年間に限り、感染拡大防止のための追加的対策として、ワクチン接種機会が1回もなく抗体保有率の低い世代の男性を対象に、無料で抗体検査・予防接種を実施することを決めました。

対象の方には、町からクーポン券を郵送します。このクーポン券を利用して、まず抗体検査を受けてください。抗体検査の結果、十分な量の抗体がない方は、予防接種の対象となります。

風しんの追加的対策について(厚生労働省)

対象者男性向け 風しんの追加的対策Q&A(厚生労働省)

対象者

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日までの間に生まれた男性

対象者には、町からクーポン券を郵送します。

※令和元年度のクーポン券の送付対象者は昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性

風しん抗体検査・予防接種の流れ

風しん抗体検査・予防接種クーポン券を受け取る

昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性
 風しん抗体検査・予防接種のクーポン券が令和元年7月中旬から下旬にかけて自宅に郵送されます。
 届かない場合は、お手数ですが役場健康福祉課(電話:0558-34-1937)までお問い合わせください。

昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性
 令和元年度については、ご本人の希望により、風しん抗体検査・予防接種のクーポン券を個別に発行します。希望者は、8月以降に役場健康福祉課(電話:0558-34-1937)へお申し込みください。
 クーポン券のお申し込みから10日間程度で、お手元にお届けします。

河津町発行のクーポン券は、町外へ転出すると無効になります。

また、クーポン券の有効期間は令和2年3月31日までですのでご注意ください。

風しん抗体検査を受ける【1回】(費用:無料)

医療機関で受ける場合は、受診する医療機関へ予約してください

持ち物:抗体検査クーポン券、風しんの抗体検査受診票、本人確認書類(健康保険証・運転免許証等)

風しん抗体検査・予防接種実施医療機関はこちら(厚生労働省)

事業所健診と一緒に抗体検査を受けられる場合があります。詳しくは事業所へお問合せください。

令和元年度は、河津町で実施している特定健康診査のときに、同時に抗体検査を受けることはできません。

※平成26年4月1日以降に風しん抗体検査を受けたことがあり、その結果通知をお持ちの方で抗体価がHI法に換算して8倍以下の方は、新たに風しん抗体検査を受けることなく風しん予防接種を受けることができます。この場合は接種を希望する医療機関へ直接連絡し、接種の予約を取ってください。また、接種の際には、風しん抗体検査結果通知を必ず医療機関へ持参してください。

風しん抗体価の結果を確認する

十分な抗体があるか確認します。結果は大切に保管しましょう。

風しん抗体価一覧表

十分な抗体価がない場合(例:HI法8倍以下)、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)を接種する【1回】(費用:無料)

医療機関で実施します。予防接種を受ける医療機関へ予約してください

持ち物:予防接種クーポン券、抗体検査の結果、本人確認書類(健康保険証・運転免許証等)

風しん抗体検査・予防接種実施医療機関はこちら(厚生労働省)

 

問い合わせ

健康福祉課 TEL:0558‐34‐1937

ページトップ