介護保険サービスを利用するには

介護保険サービスを利用するには、介護が必要な状態かどうか認定(要介護認定)を受けることが必要です。
認定された要介護度によって、利用できるサービスの量や内容が異なります。

認定の申請

本人や家族が町に申請します。居宅介護支援事業者や介護保健施設、地域包括支援センターなどに代行してもらうこともできます。
申請に費用はかかりません。
【申請に必要な書類】

  1. 要介護・要支援認定申請書(新規・更新の場合)
  2. 主治医の意見書作成のための問診票(入院中の場合は不要)
  3. 介護保険証
  4. 主治医の氏名、医療機関がわかるもの

65歳未満の人が申請する場合や、区分変更の場合は、事前にお問い合わせください。

str_download

訪問調査

調査員が自宅や施設を訪問し、日常生活に関する聞き取り調査を行います。

主治医の意見書

申請書類をもとに、町が医師から意見書を取り寄せます。

認定審査会

訪問調査の結果と主治医の意見書をもとに、専門家が審査します。

認定結果のお知らせ

原則、申請から30日以内に認定結果の通知が届きます。
「要支援1、2」、「要介護1~5」、「非該当」のいずれかに認定されます。
「要支援1、2」の人は介護予防サービスを、「要介護1~5」の人は介護サービス(在宅サービスまたは施設サービス)を利用することができます。
非該当の人は、介護保険サービスは利用できませんが、町が実施する運動教室などの介護予防事業に参加できます。(介護予防事業の詳細はお問い合わせください)

問い合わせ・窓口
保健福祉課 介護係 0558-34-1937 / 地域包括支援センター 0558-34-1938
ページトップ