「警戒レベル」を用いた避難情報等の発令について

避難勧告等のガイドラインの改定について

「平成30年7月豪雨」では、気象庁は大雨特別警報等の緊急会見を行い、各市町村も避難勧告を発令するなど、住民へ避難行動を促しましたが、危険的な状況であるということがきちんと伝わらず、自宅にとどまった多くの方が亡くなりました。このような事例を踏まえ、平成31年3月、内閣府により「避難勧告等に関するガイドライン」が改定され、災害時に住民が取るべき直感的に理解できるよう、避難勧告等の避難情報を、5段階による警戒レベルにより発信することになりました。

警戒レベルを用いた避難情報等の発令について

警戒レベル1・2は気象庁から、警戒レベル3・4・5は町から発令します。

河津町では、気象庁が発表する警戒レベル情報や、その他の防災情報等を総合的に判断し、住民へ「警戒レベル3避難準備・高齢者等避難開始」「警戒レベル4避難勧告・避難指示(緊急)」「警戒レベル災害発生情報」などの避難情報を発令します。

詳細につきましては、以下のホームページをご確認ください。

避難勧告等に関するガイドラインの改定(内閣府ホームページ

防災気象情報と警戒レベルとの対応について(気象庁ホームページ

ページトップ