妊婦健康診査・産婦健康診査

妊婦健康診査

妊婦健康診査は、お母さんとおなかの赤ちゃんの健康を守り、妊娠が順調かどうかをチェックするためのものです。 妊娠中は身体にいろいろな変化が起こり、自覚症状がなく順調に見えても、トラブルが隠れていることもあります。

無事に出産の日を迎えることができるように、少なくとも次のような間隔で定期的に健診を受けましょう。

  • 妊娠23週(第6月末)まで・・・4週間に1回
  • 妊娠24週 ~ 35週(第7 ~ 9月末)まで・・・2週間に1回
  • 妊娠36週(第10月)以後出産まで・・・毎週1回

妊婦健康診査のうち基本健診14回分、超音波検査4回分、血液検査1回分、血算検査1回分、GBS検査1回分を公費(公費負担額を超える分は自己負担)で受けることができます。 県外で妊婦健診を受診した際は、還付申請ができます。

産婦健康診査

産婦健康診査は、お母さんの健康を守るためのものです。産後はホルモンバランスが崩れたり、慣れない育児が始まるなど身体への負担が大きいです。ご自身の体調管理のために健診を受けましょう。

  • 1回目:おおむね産後5日から21日
  • 2回目:おおむね産後22日から56日

産婦健康診査は公費(公費負担額を超える分は自己負担)で2回受けることができます。

受診票は母子健康手帳交付時にお渡しします。

ページトップ