消費者行政推進に関する首長の意思表明

近年の消費者を取り巻く環境は、商品やサービスが多様化する一方で取引形態が複雑化しており、巧妙な手口による消費者被害が拡大しております。

こうした中、河津町では、県及び賀茂1市4町と協力して平成28年4月から賀茂広域消費生活センターを設立し、消費者被害の解決に努めております。また、平成20年度から国の財政措置である地方消費者行政活性化基金により消費者啓発カレンダーを配布するなど、啓発活動に尽力しているところであります。

河津町ではこれからも、町民の皆様が安全に安心して暮らせる地域社会づくりを目指し、地域や関係者の皆様との連携を深めながら悪質商法を排除するとともに、自立した賢い消費者の育成に、消費者行政の分野から力強く取り組んでまいりたいと考えております。

 

平成29年3月

河津町長 相馬宏行

ページトップ