電子申請・届出サービス

町長の部屋へようこそ

 

河津町長の岸重宏です。

静岡県東部、伊豆半島の南東に位置する河津町は、天城山系の豊かな森林を源とする、清流「河津川」が相模湾にそそぐ自然に恵まれた町です。

近年では、「花の町かわづ」の代表的な花木である、早咲きの「河津桜」(カワヅザクラ)が、毎年2月から1ヶ月間、河津川河口から約3キロ上流にかけて咲き、国内外から多くの花見客でにぎわいます。

今、見頃を迎えているのが、カーネーションです。栽培はハウスの中で行われていて、農家では通常10月頃から出荷が始まっています。県内でも伊豆半島の東部(河津町、東伊豆町など)地区で主に生産されています。町では、生産者が優良な品種を選定できるように、試験栽培を町営「かわづカーネーション見本園」で行っており、約360種類の新品種のカーネーションを5月12日まで見学〔有料300円〕することができます。

その他にも、フランス式庭園の河津バガテル公園では4月末から春バラ祭りが始まり、約1100種6000本のバラが香りを漂わせ咲き誇ります。今年は、JR各社と共同による4月から6月まで静岡ディストネーションキャンペーン(大型観光宣伝)に合わせ、特別イベントのナイトバガテル(5/25日から6/2日、17:30~20:00、夜間入園500円)が行われます。普段見る事ができない夕暮れ時のバラをご堪能下さい。〔お勧めは、夕方です。〕

是非ともお越しいただき、「花の町」を楽しんでいただけたら幸いに存じます。 

 

 

 

 

ページトップ