空き家バンク

空き家バンクとは、町内にある空き家情報を公開し、必要に応じて町が仲介の支援を行い、移住希望者の住宅確保を応援するシステムです。

 

1.空き家を売りたい、貸したい方

空き家を売りたい、また貸したい方は河津町役場まちづくり推進課までご連絡ください。

空き家の情報は、調査員の現地調査を元に、まちづくり推進課が収集した情報を、河津町より委託を受けたNPO法人伊豆の田舎暮らし夢支援センターの建築士(静岡県耐震診断補強相談士)がランクを付け河津町に報告し、空き家バンク情報として公開します。

 

2.空き家を買いたい、または借りたい方

河津町は以下の項目に当てはまる方を募集します。

  • 定住又は定期的に滞在できる方
  • 河津町の自然環境、生活文化等に対する理解が深められる方
  • 地域住民と強調して生活できる方
  • 経済、教育、文化、芸術活動等を行い、地域の活性に寄与できる方
ランク内容取引方法
A外見、室内ともに異常がない間接型 ※1
B建物に耐震性の問題は無いが、多少の修理が必要直接型 ※2(借りる人が修理するが、借り主に請求しない。)

※1…間接型契約は、上記AランクまたはBランクの1部で、契約交渉等の仲介を宅地建物取引業協会へ依頼する方法。間接型を選択された場合は宅建協会が責任をもって交渉に当たる。なお、宅建協会の仲介は、法律で定められた仲介手数料が必要になる。

※2…直接型契約は、空き家の持ち主と買い主(借り主)が直接契約するが、河津町(NPO法人伊豆の田舎暮らし夢支援センター)が間に入り両者納得の上で契約する。当然、河津町(NPO法人伊豆の田舎暮らし夢支援センター)に仲介料は発生しない。

 

akiyabank-illust

ページトップ